EICA環境システム計測制御学会 新着情報 会員情報変更 お問い合わせ English
EICAのご紹介
入会のご案内
学会誌「EICA」
研究発表会
プロジェクト活動

新着情報履歴
ホーム > 新着情報履歴
新着情報履歴

2019/09/20 【募集】第31回EICA研究発表会

第31回EICA研究発表会の参加者の募集を開始しました.
詳細は,本ホームページのトップページ右にある「研究発表会参加募集」のバナーを押下し,内容をご確認下さい.

一人でも多くの方にお会いできますよう,宇部でお待ちしております.

事務局
2019/09/02 【ご案内】第4回防災推進国民大会において、第8回防災学術連携シンポジウム・日本学術会議公開シンポジウムを開催

防災学術連携体よりご案内いただきましたので,転載します.

ーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーー
第4回防災推進国民大会において、第8回防災学術連携シンポジウム・日本学術会議公開シンポジウムを開催

 防災学術連携体は、日本学術会議とともに内閣府の主催する防災推進国民大会に初回から参加し、セッションを設けています。
 初回は東京、第2回は仙台、第3回は東京で開催され、本年は第4回にあたり、伊勢湾台風(1959)から60年の年でもあり、南海トラフ地震の発生も心配されている名古屋市にて10月19日・20日に開催されます。
 次のセッションを設け、準備を進めておりますので、多くの方々のご参集を期待しております。

防災学術連携体代表幹事
 米田雅子
 (慶應義塾大学特任教授、日本学術会議会員、防災減災学術連携委員会委員長)
 古谷誠章
 (早稲田大学教授、日本建築学会前会長)
                                  
主 催:日本学術会議 防災減災学術連携委員会・防災学術連携体(57学会)

日 時:2019年10月19日(土)16時30分より18時まで
会 場:名古屋市ささしまライブ24エリア・メインホールB
テーマ:「あなたが知りたい防災科学の最前線―激化する気象災害に備えるー」

趣 旨:地域の防災力の強化に科学を役立てるため、市民の皆様が知りたい気象災害に関する防災科学の最前線を、各分野の専門家からわかりやすく伝えます。各分野の専門家と市民との相互交流を図り、地域や個人が準備すべき防災の備えに関する情報を参加者に提供し、防災力の強化を目指します。

参加費:無料(多くの市民の皆様や防災に関わる方々のご参加をお待ちしています。)
申込み:以下のURLより参加申し込みをお願いいたします。(当日の直接参加も可)
申し込みのURL:https://ws.formzu.net/fgen/S43949681/

プログラム:
1. 開会挨拶・趣旨説明 16:30
2. 講演:気象災害への防災・減災に関する課題と防災科学への期待(仮案)
  岐阜県危機管理部
3. 講演:防災科学の最前線
  日本気象学会、日本リモートセンシング学会、日本風工学会、日本自然災害学会、
  日本建築学会、日本応用地質学会、土木学会、日本地理学会、日本災害医学会、
  日本ロボット学会
4. 質問コーナー(あなたの質問に答えます)
5. 閉会 18:00

詳細内容(ポスター)はこちら→ https://janet-dr.com/
参考:第4回防災推進国民大会HP:http://bosai-kokutai.jp/

防災学術連携体幹事・事務局長
  田村和夫(日本学術会議連携会員)
  小野寺篤(日本建築学会 事務局長代理)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(以上)
2019/08/06 【お知らせ】夏季休業(事務局)

次の期間,事務局業務をお休みさせていただきます.
ご理解とご協力をよろしくお願いいたします.

令和元年8月10日(土)〜同年8月18日(日)

事務局一同
2019/08/05 【大学院生会員対象】2019年度大学院生の研究・生活実態に関するアンケート調査

全国大学院生協議会(全院協)事務局より転載依頼がありましたので転載します.

+++++++++++++++++++++
大学院生のみなさま

 突然のご連絡、失礼いたします。私たちは全国大学院生協議会(全院協)です。
 この度は、大学院生を対象にしたアンケート調査にご協力いただきたく、ご連絡いたしました。

 本調査は、全院協が、全国各大学の加盟院生協議会・自治会の協力の下に実施する、全国規模のアンケート調査です。本調査は、大学院生の研究及び生活実態を客観的に把握し、もってその向上に資する目的で行うものです。

 全院協では2004年度以来毎年、アンケート調査を行っており、今年で15回目です。調査結果は「報告書」としてまとめており、こうした調査結果をもとに関連省庁、国会議員及び主要政党等に対して、学費値下げや奨学金の拡充などの要請を行っております。また、本調査により明らかになった大学院生の深刻な実態は、これまで、NHKや朝日新聞をはじめとした各種マスメディアでも取り上げられ、社会的に大きな反響を呼びました。

大学院生の奨学金借入、「500万円以上」が25%
朝日新聞 2014年11月27日 朝刊

全国大学院生協議会まとめ 大学院生、6割が経済不安
毎日新聞 2014年12月1日 朝刊

大学院生 バイトで研究に支障
NHK生活情報ブログ 2012年11月30日
http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/800/139365.html

 学費・奨学金等の重大な問題が存在するにも関わらず、大学院生の実態に関する全国的な調査は、全院協以外では行なわれておりません。より多くの方々に回答いただき、調査の精度を高め、問題を広く社会に発信していくことの意義は今
日一層高まっていると考えます。ご協力いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 本アンケート調査で得られた情報は、以上に述べた目的以外に使用されることはありません。また、個人が特定される形で調査結果をまとめることはありませ
ん。

回答はこちらから行うことができます。
―――――――――――――――――――――
【アンケート回答フォームURL】
https://forms.gle/CP3zxCcEFYySye8E9
―――――――――――――――――――――
期限は【2019年9月13日】です。

お忙しいところ恐縮ですが、ご協力よろしくお願い致します。

全国大学院生協議会
〒186-0004 東京都国立市中2-1 一橋大学院生自治会室気付
電話・FAX:042-577-5679
E-mail:zeninkyo.jimu@gmail.com
Twitter:@zeninkyo
HP :http://zeninkyo.blog.shinobi.jp/ (上記アンケートのURLが開けない場合はこちらから)
+++++++++++++++++++++
(以上)
2019/08/05 【ご案内】令和元年度地球シミュレータ特別推進課題(イノベーション推進)の募集

国立研究開発法人海洋研究開発機構よりご案内いただきましたので転載します.

++++++++++++++++++++
国立研究開発法人海洋研究開発機構では、スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」の特別推進課題(イノベーション推進)を募集いたします。
「地球シミュレータ特別推進課題」は、「地球シミュレータ」をイノベーション創出にも資する目的で、地球シミュレータ運営基本方針に基づき広く利用の機会を開くものです。また、将来的にイノベーション創出に資するであろう、萌芽的な課題についても提案を受け入れます。

各課題ごとにサポート要員を配し,きめ細やかな支援を実施しています。
申請に向けたご相談もお気軽にお問い合わせください。
みなさまからのご応募をお待ちしております。

■応募受付:令和元年8月1日(木)〜 随時受付

詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.jamstec.go.jp/es/jp/project/r01inv.html

問い合わせ先:
海洋研究開発機構
付加価値情報創生部門地球情報基盤センター
計算機システム技術運用グループ ES公募係
電話:045-778-5770
E-mail: es_oubo@jamstec.go.jp
++++++++++++++++++++
(以上)
2019/08/05 【ご案内】令和元年度地球シミュレータ特別推進課題(成果創出加速)の募集

国立研究開発法人海洋研究開発機構よりご案内いただきましたので転載します.

+++++++++++++++++++++
「地球シミュレータ」の特別推進課題(成果創出加速)を募集いたします。
「地球シミュレータ特別推進課題」は、画期的な成果創出の加速を目的として実施するものです。新たなイノベーション創出や、関連する国の政策等の実現に貢献可能な課題提案も歓迎します。
また、若手研究者による課題応募も歓迎します。
(*)参考:
https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/01_seido/01_shumoku/index.html

各課題ごとにサポート要員を配し,きめ細やかな支援を実施しています。
申請に向けたご相談もお気軽にお問い合わせください。
みなさまからのご応募をお待ちしております。

■応募受付:令和元年8月1日(木)〜 随時受付

詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.jamstec.go.jp/es/jp/project/r01sp.html

問い合わせ先:
海洋研究開発機構
付加価値情報創生部門地球情報基盤センター
計算機システム技術運用グループ ES公募係
電話:045-778-5770
E-mail: es_oubo@jamstec.go.jp
+++++++++++++++++++++
(以上)
2019/06/21 【事務局からのお知らせ】事務局業務の休みについて

次の期間,事務局業務を休ませていただきます.
皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします.

【休業期間】
6月28日(金)〜7月2日(火)
7月5日(金)〜7月8日(月)

(以上)
2019/06/21 【ご案内】第30回廃棄物資源循環学会研究発表会 開催について

一般社団法人 廃棄物資源循環学会事務局より研究発表会開催のご案内をいただきましたので転載します.
詳細はこちらのURLにアクセスしてください.
URL:https://jsmcwm.or.jp/taikai2019/

以下,転載
******************************
第30回廃棄物資源循環学会研究発表会

主催 (一社)廃棄物資源循環学会
共催 東北大学大学院環境科学研究科

日程 令和元年9月19日(木)〜21日(土)
会場 東北大学 川内キャンパス 
(仙台市青葉区川内41)

内容(予定)
○学会30周年記念式典:9月20日(金)15:00〜17:00(一般公開・無料・事前申込不要)
開催場所:東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
ヾ脅嫋贈呈 15:30〜16:00
特別講演  16:00〜17:00
一般社団法人 日本経済団体連合会 環境安全委員会
廃棄物・リサイクル部会長 山田政雄 氏
○意見交換会・30周年記念祝賀会:9月20日(金)18時00分〜20時00分
  開催場所:ホテルメトロポリタン仙台 千代の間
○研究発表会
  口頭発表:9月19日(木)〜21 日(土)
  ポスター発表:9月19日(木)、20 日(金)
○国際セッション
  ハイブリッド口頭発表:9月19日(木)
  ハイブリッドポスター発表:9月19日(木)
○国際シンポジウム:9月19日(木)
○協賛企業・団体等展示:9月19日(木)〜20 日(金)(一般公開・無料)
○市民展示:9月19日(木)〜20 日(金)(一般公開・無料)
○市民フォーラム:9月19日(木)(一般公開・無料)
○環境学習フォーラム:9月19日(木)(一般公開・無料)
○施設見学会:9月21日(土)
第1コース:終日 石巻地区被災地復興見学
第2コース:午後 仙台市沿岸地区被災地復興見学
第3コース:午後 仙台近郊先進処理施設見学

大会専用ウェブサイト https://jsmcwm.or.jp/taikai2019/

問い合わせ先
廃棄物資源循環学会事務局
 〒108-0014 東京都港区芝5-1-9豊前屋ビル5階
  TEL:03-3769-5099 FAX:03-3769-1492
 E-mail:jimu@jsmcwm.or.jp
******************************
(以上)
2019/05/08 【ご案内】4th International Anammox Symposium IANAS2019開催のご案内

当学会の賛助会員(螢織マ)より以下のように国際シンポジウムの案内を頂きましたので転載します.

***********
4th International Anammox Symposium IANAS2019

会 期 2019年11月13日(水)〜14日(木)(研究発表)
    2019年11月15日(金)(アナモックス実プラントの見学ツアー)
会 場 京都大学複合原子力科学研究所事務棟会議室(大阪府泉南郡熊取町)
参加費 一般参加2万円、学生参加 1万円
講演要旨(2頁 英語)締切: 2019月5月30日(木)
フルペーパー(6頁 英語)締切: 2019月8月30日(金)
大会事務局 IANAS2019実行委員会事務局
(京都大学複合原子力科学研究所藤川研究室)
TEL : +81-724512447
E mail : ianas2019@yahoo.co.jp
参加申込等詳細は
https://www.rri.kyoto-u.ac.jp/IANAS2019/index.html
***********
(以上)


ページの先頭に戻る

line
HOME | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合わせ | 管理者ログイン
line
[ 環境システム計測制御学会事務局 ]
〒520-8696 日本郵便大津支店 私書箱28号  TEL 090-9219-4106 FAX 077-537-4997
Copyright(C) 2008-2017 The Society of Environmental Instrumentation Control and Automation. All Rights Reserved.