EICA環境システム計測制御学会 新着情報 会員情報変更 お問い合わせ English
EICAのご紹介
入会のご案内
学会誌「EICA」
投稿原稿の種類と内容
論文検索
投稿方法
別刷りのご案内
投稿規定
研究発表会
プロジェクト活動

論文検索
ホーム > 学会誌「EICA」 > 論文検索 >
内容 特集:水環境中のPPCPs (医薬品類)―汚染実態と分解・除去技術の最新動向―
17巻4号2013年
Page 41
題名 河川流域における医薬品の存在実態調査
Title Occurrence of Selected Pharmaceuticals in River Water in Japan
著者 小森行也1),鈴木 穣2)
Authors Koya KOMORI, Yutaka SUZUKI
著者表記 1)(独)土木研究所水環境研究グループ,2)(独)土木研究所材料資源研究グループ
著者表記(英)
著者勤務先名
Office name
著者所属名
キーワード 医薬品,実態調査,河川,全国調査,一級河川
Key Words
概要 医薬品は,生理活性作用を持つことから環境ホルモン同様,低濃度での水生生物への影響が懸念されている物質である。医薬品24 物質について全国一級河川109 水系の119 地点で実態調査を行ったところ,22 物質がいずれかの地点で検出され多くの医薬品の存在が明らかになった。また,その検出濃度の最大値を用いて生態リスク評価を試みたところ,強心剤のCaffeine,抗てんかん剤のCarbamazepine,解熱鎮痛剤のKetoprofen の3 物質が「情報収集に努める必要があると考えられる」という評価結果となった。また,抗生物質のClarithromycin は,「詳細な評価を行う候補と考えられる」という評価となり,生態リスクが懸念される物質の存在が明らかとなった。
Abstract
 
全文閲覧をご希望の方
◆全文PDFファイルのお申込みの前に
年会費5,000円にて本誌の購読と論文全誌のWeb閲覧がご利用頂けます。
ご入会は、こちらからお願いします。
ご入会のお申し込みフォームはこちらから
この論文は、無料公開されています。
ダウンロードは、右のリンクからどうぞ。
全文ダウンロード
Line
 


ページの先頭に戻る

line
HOME | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合わせ | 管理者ログイン
line
[ 環境システム計測制御学会事務局 ]
〒520-8696 日本郵便大津支店 私書箱28号  TEL 090-9219-4106 FAX 077-537-4997
Copyright(C) 2008-2017 The Society of Environmental Instrumentation Control and Automation. All Rights Reserved.