EICA環境システム計測制御学会 新着情報 会員情報変更 お問い合わせ English
EICAのご紹介
入会のご案内
学会誌「EICA」
投稿原稿の種類と内容
論文検索
投稿方法
別刷りのご案内
投稿規定
研究発表会
プロジェクト活動

論文検索
ホーム > 学会誌「EICA」 > 論文検索 >
内容 研究発表
15巻2・3号2010年
Page 173
題名 湖沼への沈水植物再生における派生バイオマスのリサイクル評価
Title Evaluation of Generated Biomass Recycling by Regeneration of Submerged Aquatic Plant in Lakes and Marshes
著者 見島伊織1),柿本貴志1),池田和弘1),田中仁志1),袋 昭太2),久保田洋2),石川光祥2),稲森悠平3)
Authors Iori Mishima, Takashi Kakimoto, Kazuhiro Ikeda, Hitoshi Tanaka, Shota Fukuro, Hiroshi Kubota, Mitsuhiro Ishikawa and Yuhei Inamori
著者表記
著者表記(英)
著者勤務先名 1)埼玉県環境科学国際センター, 2)(株)フジタ, 3)福島大学
Office name
著者所属名
キーワード 湖沼,沈水植物,派生バイオマス,リサイクル
Key Words
概要 湖沼の水質改善のために植生の再生による自然浄化機能を活用した対策が重要視されている。 中でも沈水植物は,バイオマスが多く水環境の回復に及ぼす影響が大きいとされており,再生に 期待が寄せられている。また,派生バイオマスも有価な資源であるが,そのリサイク手法につい てエネルギー収支の観点から詳細に検討した報告はない。本報告では,指定湖沼において沈水植 物を再生したと仮定し,湖沼周辺の水田および畑地へ緑肥,堆肥,液肥として還元した際のエネ ルギー収支について算定し,それぞれの手法の評価を行ったので報告する。
Abstract
 
全文閲覧をご希望の方
◆全文PDFファイルのお申込みの前に
年会費5,000円にて本誌の購読と論文全誌のWeb閲覧がご利用頂けます。
ご入会は、こちらからお願いします。
ご入会のお申し込みフォームはこちらから
この論文は、無料公開されています。
ダウンロードは、右のリンクからどうぞ。
(注)Internet Explorerをお使いの場合、正しいファイル名でダウンロードされない場合があります。
全文ダウンロード
Line
 


ページの先頭に戻る

line
HOME | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合わせ | 管理者ログイン
line
[ 環境システム計測制御学会事務局 ]
〒520-8696 日本郵便大津支店 私書箱28号  TEL 090-9219-4106 FAX 077-537-4997
Copyright(C) 2008-2017 The Society of Environmental Instrumentation Control and Automation. All Rights Reserved.