EICA環境システム計測制御学会 新着情報 会員情報変更 お問い合わせ English
EICAのご紹介
入会のご案内
学会誌「EICA」
投稿原稿の種類と内容
論文検索
投稿方法
別刷りのご案内
投稿規定
研究発表会
プロジェクト活動

論文検索
ホーム > 学会誌「EICA」 > 論文検索 >
内容 論文
19巻2/3号2014年
Page 53
題名 温室効果ガスインベントリにおける廃棄物燃焼起源排出量の報告オプション
Title Reporting Options for GHG Emissions from Burning of Waste in National GHG Inventories
著者 橋本征二,川西博貴
Authors Seiji HASHIMOTO and Hiroki KAWANISHI
著者表記 立命館大学理工学部
著者表記(英) College of Science and Engineering, Ritsumeikan University
著者勤務先名
Office name
著者所属名
キーワード IPCCガイドライン,エネルギー回収,エネルギー効率,インセンティブ,廃棄物発電
Key Words IPCC guidelines, energy recovery, energy efficiency, incentives, waste power generation
概要 温室効果ガス(GHG)インベントリ報告書においては,いくつかの部門に分けてGHG排出量が報告されているが,エネルギー回収を伴う廃棄物の燃焼は「エネルギー部門」及び「廃棄物部門」にまたがる排出源となる。本稿では,一般廃棄物発電に関わるGHG 排出量について5つの報告オプションを設定し,一般廃棄物発電の促進や発電効率の向上へのインセンティブを比較検討するとともに,両部門で報告されるGHG排出量を試算した。その結果,一般廃棄物発電の発電効率が通常の火力発電と同じと仮定した場合の排出係数に基づく排出量をエネルギー部門で報告し,残りを廃棄物部門で報告する方法が最も有効と考えられ,この場合の廃棄物部門の排出量は,2010年において一般廃棄物発電からの排出量の約70% となった。
Abstract Greenhouse gas (GHG) emissions are reported for several sectors in National GHG Inventories. Burning of waste with energy recovery can be regarded as an emission source covered by both the energy and waste sectors. This study examined five reporting options for GHG emissions from power generation in a municipal solid waste incinerator. Then, incentives for the promotion of municipal solid waste power generation and for the improvement of energy efficiency were compared. GHG emissions were estimated for each sector. We concluded that it was most effective to report, in the energy sector, emissions estimated based on emission factor of municipal solid waste power generation when the energy efficiency was assumed to be the same as that of fossil fuel power generation and to report the remaining emissions in the waste sector. Thereby, emissions reported for the waste sector in 2010 were about 70% of total emissions from municipal solid waste power generation.
 
全文閲覧をご希望の方
◆全文PDFファイルのお申込みの前に
年会費5,000円にて本誌の購読と論文全誌のWeb閲覧がご利用頂けます。
ご入会は、こちらからお願いします。
ご入会のお申し込みフォームはこちらから
この論文は、無料公開されています。
ダウンロードは、右のリンクからどうぞ。
(注)Internet Explorerをお使いの場合、正しいファイル名でダウンロードされない場合があります。
全文ダウンロード
Line
 


ページの先頭に戻る

line
HOME | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合わせ | 管理者ログイン
line
[ 環境システム計測制御学会事務局 ]
〒520-8696 日本郵便大津支店 私書箱28号  TEL 090-9219-4106 FAX 077-537-4997
Copyright(C) 2008-2017 The Society of Environmental Instrumentation Control and Automation. All Rights Reserved.