EICA環境システム計測制御学会 新着情報 会員情報変更 お問い合わせ English
EICAのご紹介
入会のご案内
学会誌「EICA」
投稿原稿の種類と内容
論文検索
投稿方法
別刷りのご案内
投稿規定
研究発表会
プロジェクト活動

論文検索
ホーム > 学会誌「EICA」 > 論文検索 >
内容 研究発表
15巻2・3号2010年
Page 109
題名 限外ろ過膜のウイルス除去性能に及ぼす凝集処理の影響評価
Title The Effect of Coagulation Process on Virus Removal by Ultrafiltration for Water Reuse
著者 西田佳記1),山下尚之1),田中宏明1),花田茂久2),谷口雅英2),北中 敦2)
Authors Yoshinori Nishida, Naoyuki Yamashita, Hiroaki Tanaka, Shigehisa Hanada, Masahide Taniguchi and Atsushi Kitanaka
著者表記
著者表記(英)
著者勤務先名 1) 京都大学, 2) 東レ(株)
Office name
著者所属名
キーワード 下水再生水、限外ろ過(UF)膜、ウイルス、凝集、PAC
Key Words
概要 下水再生水の衛生学的安全性の確保のために5 log 以上のウイルス除去を目標とし、凝集処理 と限外ろ過(UF)膜処理を組み合わせた下水再生プロセスを検討し、ウイルスの除去性能を評価し た。UF の前段に凝集または凝集沈殿を行う1 段凝集プロセスと凝集沈殿と凝集を併用する2 段 凝集プロセスを検討したところ、2 段凝集プロセスのみが約8 log と目標を達成することが出来 た。各処理工程別、ウイルスの存在形態別に分けて除去率を調べたところ2 段凝集プロセスの UF 膜での除去率が1 段凝集プロセスに比べて高い値となった。
Abstract
 
全文閲覧をご希望の方
◆全文PDFファイルのお申込みの前に
年会費5,000円にて本誌の購読と論文全誌のWeb閲覧がご利用頂けます。
ご入会は、こちらからお願いします。
ご入会のお申し込みフォームはこちらから
この論文は、無料公開されています。
ダウンロードは、右のリンクからどうぞ。
(注)Internet Explorerをお使いの場合、正しいファイル名でダウンロードされない場合があります。
全文ダウンロード
Line
 


ページの先頭に戻る

line
HOME | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合わせ | 管理者ログイン
line
[ 環境システム計測制御学会事務局 ]
〒520-8696 日本郵便大津支店 私書箱28号  TEL 090-9219-4106 FAX 077-537-4997
Copyright(C) 2008-2017 The Society of Environmental Instrumentation Control and Automation. All Rights Reserved.