EICA環境システム計測制御学会 新着情報 会員情報変更 お問い合わせ English
EICAのご紹介
入会のご案内
学会誌「EICA」
研究発表会
プロジェクト活動

新着情報履歴
ホーム > 新着情報履歴
新着情報履歴

2024/05/17 【締切延長のお知らせ】第36回研究発表会 論文発表申込み期限
今秋に開催予定の第36回EICA研究発表会の論文発表申込につきまして、
各種申込期限を次の通りに変更いたします。

【査読論文】
発表申込: 4月19日(金)→ 6月7日 (金)まで延長
論文投稿: 5月31日(金)→ 6月21日(金)まで延長

【一般発表】
発表申込: 4月30日(火)→ 6月14日(金)まで延長
論文投稿: 7月1日 (金)→ 延長なし

1st.Announcement 【5月17日更新】
http://eica.jp/36th/annai_36th.pdf

皆様のご応募をお待ちいたしております。
2024/04/30 【「令和6年度 EICA総会資料」ダウンロードのお知らせ】
令和6年5月13日(月)に行われます「令和6年度 EICA総会」の総会資料を以下より、ダウンロードをお願いいたします。
※別途メールにてお送り致しますパスワードが必要です。

http://eica.jp/shinchaku/2024soukai-S.pdf
2024/04/25 【お知らせ】
令和6年度ES「チャレンジ利用課題」の募集
国立研究開発法人海洋研究開発機構では、令和6年度ES「チャレンジ利用課題」を募集いたします。

「チャレンジ利用課題」は、海洋研究開発機構の第4期中長期目標・中長期計画における『大型研究開発基盤の供用及びデータ提供等の促進』に基づき、科学技術分野の研究・開発及び学術研究を推進するため「所内課題」「公募課題」に加えて、挑戦的な利用や大型計算機の利用推進等による利用を目的として、機構の内外を問わず募集(※)するものです。
 ※機構外からの利用課題は機構職員のカウンターパーソンが必要です。
みなさまからのご応募をお待ちしております。

■募集 通年
 詳細は以下のURLをご覧ください。
https://www.jamstec.go.jp/es/jp/project/r06challenge-es.html
問合せ先:国立研究開発法人海洋研究開発機構
     付加価値情報創生部門地球情報科学技術センター ES公募係
045-778-5770 es_oubo@jamstec.go.jp
2024/04/22 【令和6年度 EICA総会・講演会のお知らせ】

日時 令和6年5月13日(月)

   総 会 13:00〜
   講演会 14:40〜


   講演者 名倉 良雄様(国土交通省 水道事業課)
       粟生木 千佳様(地球環境研究戦略機関)
会場 「きゅりあん」品川区立総合区民会館 大会議室(6 階)
JR 大井町駅中央口から徒歩1分
   〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1
    Tel 03-5479-4100 Fax 03-5479-4110
参加費 10,000円 ※当日会場受付でお支払い下さい
※講演会終了後,交流会(自由参加) を予定しております。会場は別途連絡いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

詳しくは
http://eica.jp/shinchaku/202404-soukai.pdf
2024/02/27 【お知らせ】
EICA事務局長 佐藤圭輔氏の記事が掲載されました。

月刊下水道2024年1月号(1月15日発売)の特集「未来へのブレイクスルー ――若いパワーで切り拓け!」
に、EICA事務局長 佐藤圭輔氏の記事が掲載されました。
詳しくは
http://eica.jp/shinchaku/202402-gesuido.pdf
(2024年2月メール周知のパスワード要)
2024/02/27 【募集】堀場雅夫賞募集開始のご案内
「2024堀場雅夫賞」の募集を2月14日から開始します。2024年度対象分野は「水環境を健全に保ち循環型社会の形成に貢献する分析・計測技術」です。

本賞は2003年に研究者奨励を目的に創設され、今年で第20回を迎えます。毎年異なる対象分野から、新しい技術の開拓に寄与する分析・計測技術を募集し、国内外の若手研究者・技術者を表彰しています。科学の発展に不可欠ながら、技術の主役としての脚光を浴びにくい分析・計測技術の研究に焦点を当て、画期的でユニークな研究をされている研究者・技術者の功績を世に知らしめたいとの創業者のおもいを受け継いでいます。本賞を通じてこうした研究者・技術者の挑戦を支え、将来のイノベーション創出の一助になればと願っています。当社の社是である「おもしろおかしく」を研究の場で実践されている研究者・技術者の積極的な応募を期待しています。

■堀場雅夫賞
https://www.mh-award.org/
2024/02/20 【ご案内】
防災学術連携体「能登半島地震・3ヶ月報告会」「人口減少社会と防災減災」のご案内

防災学術連携体様よりご案内をいただきましたので転載します。
2024年3月25日に、報告会とシンポジウムを同日開催します。


 嵶疣6年能登半島地震・3ヶ月報告会」のご案内
(日時)2024年3月25日(月)9時〜14時40分
(主催)一社)防災学術連携体、日本学術会議防災減災学術連携委員会(予定)

防災学術連携体は、防災減災・災害復興に関する62学協会のネットワークで、日本学術会議と連携して活動しています。1月1日に発生した令和6年能登半島地震に対して、多くの学協会は、救援活動や緊急調査・研究を精力的に続けています。学術的に正しい情報を広く発信すると共に、各学協会の活動・調査・研究で得られた知見を共有するために3ヶ月報告会を開催します。

(発表)次の20学会が最新知見・情報を発表
日本地震学会 日本第四紀学会 日本火災学会 日本リモートセンシング学会 廃棄物資源循環学会
日本地質学会 日本応用地質学会 砂防学会 地盤工学会 日本地震工学会
土木学会 日本免震構造協会 日本建築構造技術者協会 日本都市計画学会 日本災害看護学会
日本災害医学会 日本公衆衛生学会 日本災害復興学会 日本社会学会 地域安全学会

(プログラム) https://janet-dr.com/050_saigaiji/2024/050_240101_notohantou0325.html
(視聴申込) ZOOM webinar(定員500名)に参加希望の方は、次のフォームから申込下さい
      https://ws.formzu.net/fgen/S7169067/
     *Youtube(一般公開・申込不要)でも視聴いただけます。



シンポジウム「人口減少社会と防災減災」のご案内
(日時)2024年3月25日(月) 15時30分〜18時50分
(主催)一社)防災学術連携体、日本学術会議防災減災学術連携委員会(予定)

人口減少下においては防災減災の仕組みの再検討が必要です。例えば、インフラが老朽化する中で、気候変動等による災害の激甚化を受けて、耐災害性の強化が求められています。政府予算が限られる中で、災害危険性の少ない場所へのコンパクト&ネットワークが理想とされますが、実現には多くの課題があります。
 広範囲な被災が想定される南海トラフ地震においては、東日本大震災のような大規模な復旧工事の再現は容易ではありません。人口が減少する中で、被災した過疎地域の復旧のあり方も大きな課題となっています。さらに、防災・被災者支援の担い手不足も指摘されています。防災施設の基準や運用の見直しも必要です。
 人口減少社会における防災減災のあり方について、多様な視点から総合的に議論します。

(発表)次の13学会が発表
日本計画行政学会 日本地理学会 日本災害医学会 日本地域経済学会 地域安全学会
日本火災学会 農業農村工学会 日本災害看護学会 日本緑化工学会
日本第四紀学会 日本自然災害学会 土木学会 日本都市計画学会

(プログラム) https://janet-dr.com/060_event/20240325.html

(視聴) ZOOM webinar(定員500名)に参加希望の方は、次のフォームから申込下さい
    https://ws.formzu.net/fgen/S79526201/
    *Youtube(一般公開・申込不要)でも視聴いただけます。

代表幹事 米田雅子  事務局長 田村和夫


(問合せ先)
  一般社団法人 防災学術連携体 事務局 
   中川  office@janet-dr.com
   小野口 info@janet-dr.com
電話03-3830-0188  ファクス03-5876-8463
2023/10/06 【受付開始】第35回EICA研究発表会 参加申込み開始について
第35回EICA研究発表会の参加申込みを開始しました.
お申込みは当学会ホームページのトップページにある参加申込みのバナーをクリックして,プログラムをご覧いただき,


QRコードまたはhttps://forms.gle/c5BLMD6DFkFhzWmw5からGoogleフォームより,また指定の用紙をご利用の上,事務局にお申込みください.
皆様のご参加を心よりお待ちしております.
2023/07/28 【募集】未来プロジェクトTSUNAGU21 源臆端圓砲弔い

環境システム計測制御学会(EICA)では、未来プロジェクトTSUNAGU21 犬8月末より開催いたします。

趣旨や参加対象要件、申込締切、募集人数等をお示した募集要項をご希望の方は事務局(info@eica.jp)まで「未来PJ募集要項希望」とお書き添えの上ご一報ください。

皆様のご応募を心よりお待ちしております。

未来プロジェクトTSUNAGU21 検\は耽涌貽
2023/03/03 【お知らせ】井手慎司名誉会員 最終講義のご案内

滋賀県立大学 環境科学部より,井手慎司先生(環境科学部教授/EICA前編集委員長,名誉会員)の
退職による最終講義(対面・オンライン)の案内をいただきました.
次のURLにアクセスいただき,出欠回答や井手先生へのメッセージの送信をお願いします.

井手先生 最終講義のご案内
 http://depp-usp.com/archives/6489


ページの先頭に戻る

line
HOME | 利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合わせ | 管理者ログイン
line
[ 環境システム計測制御学会事務局 ]
〒573-1116 大阪府枚方市船橋本町1-775 株式会社Atalacia内
TEL:072-807-3890 FAX:072-807-3898
Copyright(C) 2008-2017 The Society of Environmental Instrumentation Control and Automation. All Rights Reserved.